• YAYOI KUSAMA
  • ALL ABOUT MY LOVE
  • 2018.3.3 sat - 7.22 sun
  • 松本市美術館

みどころ

草間彌生生誕の地・松本オリジナル展覧会、過去最大作品数で単館開催

松本市美術館が開館して15年、当館では2002年開館記念展、2005年「草間彌生 魂のおきどころ」(巡回)、2012年「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(巡回)と3本の展覧会を開催。また開館以降、常設展示室で「草間彌生 魂のおきどころ」を通年展示しています。

そして2018年春、唯一無二のオリジナル特別展、松本単独開催が決定!
展示作品は約180点、松本市美術館で開催する草間彌生展でも最大作品数となります。

幻覚体験の恐怖から逃れるために無我夢中で描き続けた草間彌生は、世界の芸術家としての地位を掴み取り、世界各地で行われる草間彌生の展覧会は、入場者数の記録を塗り替えています。日本でも2017年に国立新美術館で開催された「草間彌生 わが永遠の魂」は52万人を動員しました。現存作家では異例のことでしょう。

――なぜ、草間彌生は世界のひとびとに、かくも熱狂的に迎え入れられるようになったのでしょうか。前衛の道を走り続けた草間に、ようやく世界が追いつきかけているのかもしれません。
戦争で失われた青春、平和。そして、愛。草間が芸術を通じて語るのは、人間にとってもっとも普遍的、かつ大切なメッセージでもあります。

国内初出品作、最新作を展示

《南瓜へのつきることのない愛のすべて》2016年/日本初公開

草間彌生が2009年から手がけ、すでにその制作枚数が550枚を超えたという最新シリーズ「わが永遠の魂」。制作の手は止まることなく、作品数は今も増え続けています。今回、その中から厳選された日本初公開作品も集結します。

そして、作品に入って鑑賞できるミラールーム。日本初公開となるこの作品のなかに無限に広がる光景は、どんな世界なのでしょうか?

草間彌生の集大成ともいえる展覧会

長野県松本市。89年前の3月、草間彌生はこの地で生を受けました。彼女が吸った澄み切った空気、毎日眺めたアルプスの山々、天才を生み出したここ松本の地を訪れることにより彼女の息吹を肌で感じることができます。これは松本だからこそ体験できる展覧会の楽しみ方。

また展覧会も1930年代の子供の頃の作品から現代までの作品を順に展示し、彼女の半生を辿ることができます。街の空気感、作品の歴史、まさに彼女の集大成ともいえる展覧会を松本でお楽しみください。

草間彌生プロフィール

1929年、長野県松本市に生まれる。幼少から自身の内面に湧き上がる得体の知れないイメージに対して、芸術をもって闘う。
1957年、アメリカに渡り、絵画「無限の網」シリーズをきっかけに前衛芸術家として君臨。絵画、ソフト・スカルプチャー、映像、インスタレーション、野外彫刻、パフォーマンス、ファッション、小説など、さまざまな芸術活動を展開する。
1973年帰国。東京を拠点に、世界規模での作品制作、発表を続ける。とくにここ数年は大規模な世界巡回展が繰り返し行われ、世界的芸術家としての地位を不動のものにしている。
2016年、世界で最も影響力のある100人(『タイム』誌)に選出。同年、文化勲章受章。
2017年「草間彌生美術館」開館。

展覧会構成

導入

展覧会のはじまりは、館の入口にある草間彌生の《幻の華》と《松本から未来へ》。館内へ足を踏み入れる前から草間ワールドが展開します。無料観覧スペースのあちこちにバルーン作品や水玉強迫などを展示します。

《幻の華》2002年 《松本から未来へ》2016年

第1会場

美術館のX型階段を登りきった3階の常設展示室が第1会場です。近作のインスタレーション作品の数々は、観覧するひとびとを非日常の空間へと誘ってくれることでしょう。
そこから一気に時代を遡り、1957年に渡米する前までの貴重な作品をはじめ、ニューヨークでブレイクのきっかけとなった無限の網シリーズやソフト・スカルプチャー、帰国後の活動の幕開けとなるコラージュ、網目や水玉の無限性、立体作品へと続きます。

手前《命》2014年/奥《シャングリラの鏡》1999年

第2会場

階段を下りた2階の企画展示室が第2会場です。足を踏み入れると、徐々に暗闇の空間へ。そこでは、光と鏡で無限性を表現した立体作品が観覧者を草間の深遠なる世界へ誘い込みます。
暗闇を抜けると、ひときわ明るい巨大空間が広がります。世界の先端を走り続けている芸術家・草間彌生が2009年から手がけ、すでにその制作枚数が550枚を超えたという最新シリーズ「わが永遠の魂」が並びます。今回展示予定のこのシリーズ約70点のうち、なんと半数近くが日本初公開作品で、なかには世界初公開となる作品も多数含まれています。

そして最後の空間は、中に入って鑑賞できるミラールーム《南瓜へのつきることのない愛のすべて》。日本初公開となるこの作品のなかに無限に広がる光景を、しばし扉を閉めてご堪能ください。

  • 《果てしない人間の一生》2010年
  • 《今日も同じく地球はかくのごとくまわる。》2016年/日本初公開
  • 《わが死よ、汝は永劫の死を迎え入れたい》2017年/日本初公開
  • 《人生の最大の夢を見たとき》2017年/日本初公開

多目的ホール

第2会場から渡り廊下を渡った先には多目的ホール。大型プロジェクターを設置し、過去に発表されたドキュメンタリー映像を放映します。

※5/12(土)、5/19(土)、6/16(土)、6/23(土)はイベント開催のため、17:00以降は映像の放映を中断いたします。

中庭

渡り廊下から階下に見える美術館の建物に囲まれた中庭には、巨大な南瓜のオブジェが登場します。

《大いなる巨大な南瓜》(2012年展示風景より)

そのほかにも、詩人としての側面や、映像やインスタレーションなど、草間芸術の多面性をうかがえる内容で構成します。展示作品は約180点、松本市美術館で開催する草間彌生展でも最大作品数となります。

松本市美術館のほぼ全域がクサマ・ワールドに染まる125日間。世界的芸術家の現在を、ぜひ松本で体感してください。

※第1会場(常設展示室)、第2会場(企画展示室)、記念展示室(3階)以外は無料観覧スペースです。
※展示作品や点数等は予告なく変更になる場合がございます、予めご了承ください。

音声ガイド

展覧会をより楽しんでいただくために、音声ガイドをご用意しています。
草間彌生自身が語る詩の朗読や歌を特別収録しています。ぜひご利用ください。
解説ナレーター:土田大

  • 貸出料金500円(税込)
  • 収録時間約30分
  • 貸出時間10:00〜16:00
  • 貸出場所第一会場入口

フォトスポット

チラシやポスターに入り込んだ気分!?
草間彌生と一緒に撮影ができるフォトスポットが人気です。
同じポージングで写真を撮ってご来場の記念にするのも、「#kusama2018」を付けてSNSにアップするのも「いいね!」

  • 設置場所2階プロムナード
    ※バルーン作品「ヤヨイちゃん」の裏
  • 日時展覧会の開催日時に準じます。

【お願い】
第2会場入口のスタッフは撮影のお手伝いができません。お客様どうしで撮影、もしくはお手伝い可能なスタッフにお声がけください。ご協力をお願いいたします。

Something is wrong.
Instagram token error.